千葉大学予防医学センター Copyright(C) 2010 Center for Preventive Medical Sciences, Chiba University. All rights reserved.

 業績

論文(査読有)

●2018

         N. Suzuki, H. Nakaoka, M. Hanazato, Y. Nakayama, K. Takaya, C. Mori

         Emission rates of substances from low-volatile-organic-compound paints

   International Journal of Environmental Science and Technology, (),

         1-8 DOI 10.1007/s13762-018-2093-0

         30 October 2018

●2017

Weiwei Jin, Masae Otake, Akifumi Eguchi, Kenichi Sakurai, Hiroko Nakaoka, Masahiro Watanabe, Emiko Todak, Chisato Mori.

Dietary Habits and Cooking Methods Could Reduce Avoidable Exposure to PCBs in Maternal and Cord Sera.

Scientific reports, 2017, 7.1: 17357.

●2016年

Fujiwara, T., Takamoto, I., Amemiya, A., Hanazato, M., Suzuki, N., Nagamine, Y., ... & Shirai, K. (2017). Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study. Social Science & Medicine, 182, 45-51.

 

Yosuke Inoue,Andrew Stickley,Aki Yazawa, Airi Amemiya,Kokoro Shirai,Naoki Kondo,Katsunori Kondo,Toshiyuki Ojima,Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki ,Takeo Fujiwara .

Neighborhood Characteristics and Cardiovascular Risk Factors among Older People in Japan: Findings from the JAGES Study. PLOS ONE , October 7, 2016


●2015年

H.Nakaoka, H. Seto, E.todaka, N.Suzuki, C. Mori
Relationship between indoor air chemical exposure and adverse health effects in a multiple chemical sensitivity suspected patient: a case report study
Sustainable Development Vol.Ⅱ,699-706(pp1279)

Eguchi A, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Todaka E, Mori C.
Estimation of maternal bood PCB level using Food Frequency Questionnaire in Japanese National birth cohort
Toxicology Letters 238,S104.

●2014年

Odaka Y, Seto H, Nakaoka H, Hanazato M, Todaka E and Mori C 
Aldehyde emissions from lime plaster containing vegetable oil.
 Indoor and Built Environment,1420326X14553998.

Y. Matsuno. C.Mori, T. Fujisaki, E.Todaka, H.Nakaoka, M.Hanazato and N.Nakamura
Transfer rate difference according to the congeners and isomers should be considered in risk assessment of fetal exposure to PBDEs and POPs
The Proceeding of ISEE 2014-23th Annuanl Conference, Barcelona, Spain.


H.Nakaoka, E,Todaka, M.Hanazato, H.Seto, M,Shimoda and C,Mori
Aging Variation in indoor air quality at experimental sites in Chemiless Town
The Proceeding of Indoor Air 2014, HP0994.

H.Nakaoka, E.Todaka, H.Seto, I.Saito, M.Hanazato, M.Watanabe and C.Mori
Correlating the symptoms of sick-building syndrome to indoor VOCs concentration levels and odour
Indoor and Built Environment 2014,23(6),804-813.

 

 

論文(その他)​
●2018

         鈴木規道

   Sustainable Development を目指した予防医学(16)
   ケミレスタウン・プロジェクトフェーズIII-住宅のイノベーションを目指した取組み

   医歯薬出版株式会社 週刊医学のあゆみ Vol.266 No.6・7 2018年08月11日発行

       

         中岡宏子

   室内空気質由来の化学物質健康障害と環境改善型予防医学 

   医歯薬出版株式会社 週刊医学のあゆみ Vol.265  No.10 2018.06.09発行

 

     中岡宏子, 戸髙恵美子, 花里真道,鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成,下田美智子, 森 千里

   環境改善型予防医学に基づいたケミレスタウン・プロジェクト

   日本臨床環境医学会,「臨床環境医学」(第26巻第2号)2018.03.30発行,

   中岡宏子, 戸髙恵美子, 花里真道,鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成,下田美智子, 森 千里

   ケミレスタウン・プロジェクトフェーズ3の目指すもの 2017年―2022年の展望

   日本臨床環境医学会,「臨床環境医学」(第26巻第2号)2018.03.30発行,

   高谷一成, 中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健,下田美智子, 戸髙恵美子, 森 千里

   可搬型リアルタイムVOC 分析装置の開発への展望

   日本臨床環境医学会,「臨床環境医学」(第26巻第2号)2018.03.30発行,

●2017年

Weiwei Jin, Masae Otake, Akifumi Eguchi, Kenichi Sakurai, Hiroko Nakaoka, Masahiro Watanabe, Emiko Todak, Chisato Mori.
Dietary Habits and Cooking Methods Could Reduce Avoidable Exposure to PCBs in Maternal and Cord Sera.

Scientific reports, 2017, 7.1: 17357.

●2015年

Eguchi A, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Todaka E, Mori C.
Maternal-fetal transfer rates of PCBs, OCPs, PBDEs, and dioxin-like compounds predicted through quantitative structure-activity relationship modeling.
Environ Sci Pollut Res Int. 2015.9.23. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 26396019.

Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C.
Estimation of maternal blood PCB level using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort.
Toxicology Letters. 2015.10. 238:2. S104. doi: 10.1016/j.toxlet.2015.08.342.

 

●2014年

中岡宏子、瀬戸博、戸高恵美子、森千里

最近問題となる室内空気汚染物質とシックハウス症候群

日本医事新報,23-28(pp96)

 
 

​講演発表(学会発表など、過去5年分のみ)

●2018年度

【海外】

         Norimichi Suzuki, Hiroko Nakaoka, Yoshitake Nakayama, Kazunari Takaya,Kayo Tsumura,Masamichi Hanazato ,

   Emiko Todaka , Shinji Tanaka

   Indoor Air Quality and Health - Chemiless Town Project Phase 3 -

   Proceedings of the 12th ISAIA, Oct 23-26, 2018, Pyeongchang, Korea P1912-1917

    H. Nakaoka,N. Suzuki,Y.Nakayama,K.Takaya,E. Todaka,S.Tanaka,K.Matsushita,&C. Mori.

​    A preliminary study to investigate the relationship between indoor enviroment and its effect on physical and mental  

        health  

        26th International Conference on Modelling,Monitoring and Management of Air Pollution. [Air Pollution 2018]

        19-21 June 2018.Naples, Italy

【国内】

       中岡 宏子,鈴木 規道,中山 誠健, 高谷一成,  津村 佳余,田中 眞二, 松下 和彦,戸髙 恵美子,森 千里     

   C-01 健康増進を目指した室内空気環境創造の取り組み

   平成30 年室内環境学会学術大会,2018.12.07,東京 東京工業大学 大岡山キャンパス, 口頭発表 

 

          高谷 一成,中岡 宏子,鈴木 規道,中山 誠健,津村 佳余,戸髙 恵美子,森 千里   
        リアルタイムVOC分析のためのイオン付着法を用いたイオン移動度分析装置の開発II
        原子衝突学会第43回年会,2018.10.13,関西 京都大学,ポスター発表



        高谷 一成,中岡 宏子,鈴木 規道,中山 誠健,津村 佳余,戸髙 恵美子,森 千里    

   P-11 室内空気中の揮発性有機化合物分析のためのイオン付着法を用いたイオン移動度分析装置の開発

   第42回イオン移動度研究会, 2018.04.14, 東京 立教大学,ポスター発表

●2017年度

【海外】

Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Akifumi Eguchi, Emiko Todaka, Chisato Mori.
An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human.
Healthy Buildings 2017 Europe. 2017.07.02-03., Lublin, Poland.,P0196.

【国内】

   中岡宏子、鈴木規道、下田美智子、中山誠健、高谷一成、戸高恵美子、森千里.

化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係について その2.

平成29年度室内環境学会学術大会, 2017.12.12-14, 佐賀, ポスター発表:63

鈴木規道、中山誠健、高谷一成、下田美智子、花里真道、戸高恵美子、森千里.

室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査

その2 住居環境および個人属性とシックハウス症候群に関する相関分析

平成29年度室内環境学会学術大会, 2017.12.12-14, 佐賀, ポスター発表:62

中山誠健、鈴木規道、高谷一成、下田美智子、花里真道、戸高恵美子、森千里.

室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査

その1 住居環境および個人属性とシックハウス症候群に関する記述統計

平成29年度室内環境学会学術大会, 2017.12.12-14, 佐賀, ポスター発表:61

下田美智子、中岡宏子、鈴木規道、中山誠健、高谷一成、戸高恵美子、森千里.

室内空気曝露とヒトの生理指標による健康影響評価.

平成29年度室内環境学会学術大会, 2017.12.12-14, 佐賀, ポスター発表:60

高谷一成、中岡宏子、鈴木規道、中山誠健、下田美智子、森千里.

リアルタイムVOC分析のためのイオン付着法を用いたイオン移動度分析装置の開発.

原子衝突学会第42回年会,2017.09.08-09,東京,ポスター発表:36

鈴木規道、石川敦雄、西田恵、吉田紘明、古賀千絵、西垣美穂、原裕介、花里真道.

オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか?
その8:年齢・性別・勤務階数ごとにみた階段の利用実態と会談環境の評価.

2017年度日本建築学会大会,2017.09.01-03,広島,口頭発表:1113

●2016年度

【海外】

H.Nakaoka, N.Suzuki, T. Yamada, E.Todaka, C.Mori, A Eguchi.
Health impact of indoor air chemical exposure on a multiple chemical sensitivity suspected patient:Case report study.
IndoorAir2016,2016.07.03-08,Ghent,Belgium.,Oral:893.

Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Hiroko Nakaoka, Tomomi Yamada, Akifumi Eguchi, Chie koga, Chisato Mori.
Emission rates and substances from low volatile organic compounds(VOCs) paints.
International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SSL6002

Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Chie koga, Hiroko Nakaoka, Chisato Mori
A study of design for reduction and monitoring of volatile organic compounds in indoor air: the case of a commercial bank in Japan. International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SL6001

Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Akifumi Eguchi, Chisato Mori.
An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human.
International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SSL6003

【国内】

Hiroko Nakaoka,Emiko Todaka,Masamichi Hanazato,Norimichi Suzuki,Akifumi Eguchi,Msahiro Watanabe,Michiko Shimoda,Chisato Mori.
Correlation of symptoms of sick building syndrome to odor concentration levels.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science - Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.27.Symposium:S1-03-5

Norimichi Suzuki,Hiroko Nakaoka,Masamichi Hanazato,Akifumi Eguchi,Michiko Shimoda,Satomi Shiga,Chisato Mori.
Contributing chemicals to TVOC value as a risk indicator of indoor air quality.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science - Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.28.Poster:P2-5-27


中岡宏子、鈴木規道、下田美智子、山田智美、花里真道、戸高恵美子、森千里.
新築住宅における室内空気曝露評価(1) -ヨーロッパ曝露評価を用いて-.
室内環境学会学術大会,2016.12.15-16,茨城,ポスター発表:80-81.

下田美智子、中岡宏子、鈴木規道、山田智美、花里真道、戸高恵美子、森千里.
新築住宅における室内空気曝露評価(2) -健康影響アンケートを用いて-.
室内環境学会学術大会,2016.12.15-16,茨城,ポスター発表:82-83.

鈴木規道、中岡宏子、下田美智子、花里真道、森千里.
新築住宅における竣工3か月後のVOCs濃度の経時変化について.
室内環境学会学術大会,2016.12.15-16,茨城,ポスター発表:84-85.


●2015年度

【国内】

鈴木規道、江口哲史、渡邉応宏、花里真道、吉田紘明、森千里
近隣の植生環境と健康影響の探索的解析.
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日特別セッション口頭発表:特S2-3


瀬戸博、中岡宏子、鈴木規道、山田智美、森千里
化学物質過敏症が疑われる患者の曝露状況調査 その1.
日本臨床環境医学会学術集会,2015.06.06-07,東京,口頭発表:72.


志賀里美、中岡宏子、鈴木規道、山田智美、戸髙恵美子、森千里
SBS症状の訴えのあったオフィスの室内空気環境調査.
室内環境学会学術大会,2015.12.03-04,沖縄,ポスター発表:76-77.

鈴木規道、中岡宏子、山田智美、志賀里美、花里真道、戸髙恵美子、森千里
新築住宅における竣工直後の室内空気中化学物質濃度について.
室内環境学会学術大会,2015.12.03-04,沖縄,口頭発表:224-225.

中岡宏子、鈴木規道、山田智美、江口哲史、森千里
化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係について.
室内環境学会学術大会,2015.12.03-04,沖縄,口頭発表:226-227.

 

●2014年度

【国内】

中岡宏子、瀬戸博、戸髙恵美子、花里真道、森千里
ヒトが感じる臭気強度とシックハウス症候群症状の発現との関係.
日本臨床環境医学会学術集会,2014.06.14-15,京都府,口頭発表:68.

山田智美、瀬戸博、中岡宏子、戸髙恵美子、花里真道、森千里
木質由来の化学物質の暴露評価:EUの企画をベースとして.
日本臨床環境医学会学術集会,2014.06.14-15,京都府,ポスター発表:92.

瀬戸博、中岡宏子、小高陽子、森千里
室内環境中における油脂自動酸化副生成物と健康影響への可能性.
日本予防医学会学術総会,2014.06.28-29,東京,ポスター発表:76.

大竹正枝、中岡宏子、戸髙恵美子、花里真道、瀬戸博、森千里
木質部材に塗布した植物油成分からの揮発物質によると推察されるシックハウス事例.
室内環境学会学術大会,2014.12.05-06,東京,ポスター発表:92-93.

中岡宏子、瀬戸博、戸髙恵美子、花里真道、下田美智子、森千里
建物の経年にともなう室内空気質変動の多様性.
室内環境学会学術大会,2014.12.05-06,東京,ポスター発表:88-89.

花里真道、鈴木弘樹、鈴木規道、古賀千絵、瀬戸博、森千里
室内化学物質を低減した商業施設の計画・工事監理と濃度評価.
室内環境学会学術大会,2014.12.05-06,東京,ポスター発表:86-87.

鈴木規道、花里真道、瀬戸博、山田智美、古賀千絵、森千里
低VOC塗料の放散物質および放散速度に関する研究.
室内環境学会学術大会,2014.12.05-06,東京,ポスター発表:84-85.

シンポジウム・市民講座など(過去3年分のみ)

 

●2017年

臨床環境医学会シンポジウム「健康にやさしい都市・住宅環境とは」

2017.06.28.,東京,東海大学高輪キャンパス

●2016年

   室内空気環境シンポジウム

2016.06.29.,東京,イイノホール

 

室内空気環境セミナー「空気環境と健康について」

2016.06.26.,北海道,札幌グランドホテル

千葉大学予防医学センター第24回市民講座

「室内空気質と健康影響ー研究を社会に生かすー

2016.05.18.,千葉,千葉大学予防医学センター柏の葉研究棟

●2015年

ISO17025 キックオフシンポジウム~PCB analysis methodology~

「Health impact of environmental chemicals on future generations」

​2015.10.28.,千葉,千葉大学 西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now